Arterial Stiffness 動脈壁の硬化と老化

バックナンバー

Viewpoint
高血圧治療は画一緩和ガイドラインから主治医が考える個別療法へ

苅尾七臣

第14回 臨床血圧脈波研究会
特別講演
PWVによる血管の加齢の評価

Charalambos Vlachopoulos  監修:山科 章

特別報告
ABC-J研究報告

島田和幸

ランチョンセミナー
高血圧臨床における血圧変動性

星出 聡

フィーチャリングセッション1「高血圧/心血管病予防のポピュレーションアプローチへの提言」
キーノート 高血圧/心血管病予防のポピュレーション戦略

三浦克之
1 高血圧・心血管疾患予防のポピュレーションアプローチ 企業健診からの経験

冨山博史
2 上腕足首間脈波伝搬速度(baPWV)の10年間の縦断研究から−動脈硬化危険因子重積による検討からの解析−

福井敏樹
3 市民啓発イベントからのアプローチ

重松 宏

フィーチャリングセッション2「血圧変動と臓器障害(血管障害)」
1 心血管リスクを加速するSHATS—夜間高血圧を中心に

苅尾七臣
2 高血圧患者における臓器障害リスクとしての血圧変動性

大石 充
3 2型糖尿病患者において血圧変動は臓器障害のリスクになる

福井道明
4 慢性腎臓病(CKD)での血圧管理において求められる降圧の質の改善とは?

田村功一

座談会レポート
日本循環器学会「血管機能の非侵襲的評価法に関するガイドライン」と日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」に収載されたbaPWVのカットオフ値(診断基準値)を臨床に活かす—formによる診療フローチャートを用いた実地医家に向けて—

司会:山科 章  座談会メンバー:冨山博史、宗像正徳

英文原著論文紹介
高血圧
1 動脈スティフネス/中心血行動態異常および腎機能障害の高血圧発症への関与の検討

冨山博史
2 Omron HEM-9000AIで評価した一般日本人における中心収縮期血圧の分布

髙瀨浩之
3 高コレステロール血症ウサギにおいて末梢動脈収縮期第2血圧の中心血圧および循環動態パラメーターに対する追従性は粥状硬化の進展にかかわらず保持される

勝田新一郎

心血管
4 高齢者の血管イベントを予測するために3種類の非侵襲的動脈硬化評価法を組み合わせることの有用性

柴田茂貴
5 baPWVと心血管病:久山町研究

二宮利治
6 一般日本人住民におけるbaPWVと循環器疾患発症との関連:高島研究

高嶋直敬
7 非肥満男性における重症閉塞性睡眠時無呼吸は左室拡張能を低下させる

臼井靖博
8 日本人高齢者の5年の経過におけるankle brachial脈波速度の変化:日本におけるHealth Research Volunteer Studyサブ解析の結果

道場信孝

糖尿病
9 夜間血糖、夜間血圧、臓器障害の関連性—治療中2型糖尿病患者における検討—

矢野裕一朗

生活習慣
10 日本人男性において緑茶ではなくコーヒーの摂取が動脈スティフネスと負に関連する

上村浩一
11 肥満男性における生活習慣改善が中心血圧に及ぼす影響

前田清司

HEM-9000 AI のAI・中心血圧 formのPWV/ABIに関するQ&A
1 baPWVが正しく測定されないケースの代表例は閉塞性動脈硬化症(arteriosclerosis obliterans;ASO)で、ABI<0.9、0.95等が除外基準として用いられますが、脈波形のなまりにより狭窄が疑われる場合、baPWVの確からしさはどのように評価したらいいでしょうか。またその他疾患での除外基準はありますか?

冨山博史
2 日本循環器学会より発刊されました「血管機能の非侵襲的評価法に関するガイドライン」のなかで、上腕−足首間脈波伝播速度(brachial-ankle pulse wave velocity;baPWV)が高値を示す場合に、心血管疾患危険因子コントロール状況の確認、潜在的心血管疾患合併症の確認のための十分な問診、診療、通常検査所見の確認を行うと記載がありますが、限られた診療時間の中でどのような順番(優先順位)で確認したらいいでしょうか?

山科 章
3 日本循環器学会より発刊されました「血管機能の非侵襲的評価法に関するガイドライン」のなかで、中心収縮期血圧における正常上限値は125〜130mmHgと記載されましたが、この上限値を超えた場合の対応方法を教えてください。

高沢謙二
4 FMDによる血管内皮機能検査は診療にどのように活かしたらいいでしょうか? またPWV検査とはどのように組み合わせたらいいでしょうか?

錦戸利幸、野出孝一


文献
Arterial Stiffnessに関する主要文献(20)
【総説・レビュー】

島田和幸
【AI】

高沢謙二
【PWV】

松本知沙、小平真理、椎名一紀、冨山博史、山科 章